いたばしアレルギーの会 

東京都 板橋区 アレルギー疾患のある方 協力者の 学びの会です。 現在板橋区・北区を拠点に活動中です。

FC2ブログ

【ご報告】 4月おしゃべり会&アロマストーンワークショップ 

【ご報告】 4月おしゃべり会&アロマストーンワークショップ 

新入学、新学期を迎えた子どもたちと、そのご家族でおしゃべりWSを行いました。

日  時:2019年4月14日(日)13:00~15:00 
会  場:いたばし総合ボランティアセンター


歯科院協賛 アロマストーン作りをしました。


「初めまして」の、子どもも、大人も、同じ空間で工作などをすると、
ちょっと距離感が近くなりますよね♪

石膏はネリネリすると温かくなることを知った子どもたち。
やってみないと分からないことってありますよね。
  
Fotor_155521543804370.jpg


アロマオイル選びの際には
歯科医師でもある当会代表より、「香り」の楽しみ方についてのレクチャーがありました。
    
Fotor_155521516237228.jpg


食や生活を豊かにするために作られた香りと、
自然や、生活の中で生まれてくるかおりってありますよね。

好きな香りを自分で選択し、常に身にまといたい人がいます。
同じように、
望まないシーンで、他の誰かの発した香りを感じたくないという人もいます。
 
香害 という言葉が生まれたこと自体、とても残念なこと。
 
自分の選択権だけを主張せずに、シーンに応じた立ち振る舞いはもちろん、
様々な「選択」をする人それぞれが、
自分以外の誰かを思いやれる社会の実現を、
小さな気づきの共有から進めていきたいなと思いました。
 

「保護者会でアレルギーがありますって話した方がいいのかな?」
 

新小学一年生のお母さんの言葉です。
皆さんはどう考えますか。
答えは一つではありません。私の経験があなたの経験とイコールにもなりません。
 
新天地での入学?
保育園、幼稚園などの知り合いが多く、繋がりの強い環境での入学?
症状は?
おうちにいつも誰かがいる家庭?
本人の性格は?
 
クラスの雰囲気がつかめない状況で、こうあるべきという決断を他人が簡単にすることはできません。
インターネット上で読めるアレルギーっ子の家族の発信は、とても参考になるけれど、
それだけで何かを判断するのはとても危険。
 
「私は最初の保護者会で話したんだけど・・・」
「私は、話していないんだけど・・・」
 
こんな風に実際に会って、別のケースを聞くことができるのは、やっぱり大切。
選択や決断だけがネット上には残り検索にもヒットしますが、
本当はその選択や決断をした先にある、毎日の生活の話が大切。
 
これが共有できるのはおしゃべり会だからだなってホントに思います。
 


板橋区立小中学校給食での紙パック飲用牛乳
 
今年度から、ついに板橋区でも瓶での飲用牛乳の提供が、紙パックに変わりました。
各学校での給食でも対応についても情報共有をしました。

大切なのは、乳アレルギーさん本人が、気を付ける意識をしっかり持つこと。
接触程度は大丈夫なのか、そうじゃないのか、本人が認識しないと危機管理できませんからね。
 
先生に何かをお願いする必要があるのであれば、それは何か。
集団生活の中で、何かの配慮をお願いするときは、
シンプルかつ簡単なでも確実に課題が解決される手段を考えたいよねと。
 
Fotor_155772560029191.jpg
大人たちがおしゃべりをしている間に、子どもたちは焼き芋を食べ、会場にある絵本館に遊びに行き・・・
そして気が付いたらエピペンの使い方教室開催。
ん????ずいぶん小さなお友達がエピペン持ってる??
エピペンはもちろん遊び道具ではありませんが、
こちらのレディーは兄弟の為にエピペンのこともよ~く知っているようです。



学校の遠足や、宿泊研修では、どんな風に学校と情報共有しているの?


これはよく聞かれます。
そして、これこそ、ネット上の情報だけで準備をするのは勧められません。
生活環境や人的環境が違いますから、
様々なキーワードで各ご家庭で考えて準備することが大切になってきます。

今回は私立、公立、どちらのケースも情報も共有できました。
 
また、私は校外学習参加の為に毎回更新し学校の先生に情報共有していただいている
「安全確認用の資料」を持参しました。
(参加する際には子どもにも旅のしおりとして持たせています)

「こんなん作ったよ~」と紹介すると、
「なるほど!」
「すごい!!」と、みなさんじっくり見ていました。
 
子どもの個人情報も含まれますので、ここでは公開しませんが、
配慮が必要な子どもたちは、その配慮の情報をしっかり整理する必要があるんですよね。

今回参加された皆さんのお子さんには、宿泊研修はまだ先の情報ではありましたが
今から準備して見通しを持つことはとても大切。
だって、一人でZEROからのスタートはしんどいですからね。

私たちは一人じゃないよ。困ったときは一緒に考えよう。
できれば、困る前に、声をあげてね。
そうしたらきっと少しくらいは「楽」に準備ができるしね。





このような生の情報を共有できるのが、いたばしアレルギーの会のおしゃべり会。
 
アレルギーをもつお子さんのご家族が、ちょっと大変だったご自身の経験をもとに、
同じ不安を持つ人に、情報支援する温かい患者会活動をこれからも継続していきますね。
 
当会の強みは、アレルギーを持つ人を支えたいと考える支援会員の存在です。
アレルギー専門医のような知識を持ち、その知識を更新し続ける専門家はそうそう増えませんが、
アレルギーを持つ人の話を聞くことができる人が地域に増えていったら・・・
それだけで、理解の和が広がっていきますよね。
 
本年度は支援会員さんとの学習会も予定しています。
ぜひみなさん、ご参加くださいね。



最後までお読みくださりありがとうございました。



お問合せ:いたばしアレルギーの会 
メール:itabashiallergy@yahoo.co.jp       
HP:http://00happy00.blog33.fc2.com/
フェイスブックページ:@itabashiallergy.tokyo
Twitter:@itabashiallergy

いたばしアレルギーの会 インスタはじめました!
アカウント: itabasshi_allergy 
不慣れなため、更新しかできません(すみません)


◆会員入会希望の方は 下記リンクをご覧いただきメールにてご連絡ください
http://00happy00.blog33.fc2.com/blog-entry-48.html





スポンサーサイト
  1. 2019/05/14(火) 10:51:10|
  2. 2019年度の活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【4月 おしゃべり会 & アロマストーンワークショップ】

【4月 おしゃべり会 & アロマストーンワークショップ】

新年度がスタートしましたね。

さて、今回は4月のおしゃべり会と、ワークショップ講座のお知らせです。


板橋区では学校給食飲料牛乳が、従来までの瓶での提供から紙パック提供に変わります。
新しいクラスでのことや、榛名林間学校の情報や、日光への修学旅行なども含め、
保護者と子どもたちによる気軽な情報共有をします。
 
 
また、今回は当会代表による、医療用の石膏を使ったアロマストーンつくりもできますよ。
 
お喋りと工作がてらぜひ遊びにいらしてくださいね。

アロマストーンは誰でも簡単にできるシンプルな土台を作りをします。
55793526_2224462860952875_7952108562447073280_n.jpg

飾りのパーツ2個、紐、お試しアロマがセットとなります。
56548135_830583470612194_7495895697451909120_n.jpg


追加が必要な方はパーツ2個とお試しアロマ別途お分けしますのでご相談ください。
 
外でも遊べますのでどうぞ気楽にご参加ください(ボール遊びやバトミントンはできません)
  

日  時:4月14日(日)13:00~15:00 
会  場:いたばし総合ボランティアセンター(板橋区本町24-1 最寄り駅 都営三田線板橋本町)
参加費用:活動支援金として 
      一家族 会員 300円
           非会員500円
     *アロマストーン持ち帰りようのハンドタオルをご持参ください。
      落とさないようにご注意ください
お申込み・お問合せ:itabashiallergy★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡ください。


【お申込みフォーマット】
タイトル:4/14 おしゃべり会/ワークショップ参加申し込み
          
参加者氏名:全員分
          
緊急連絡先: 
          
お住いの地域:○○区 ○○市 までで結構です
          
質問:特に聞きたいことがあればお知らせください。
    



最後までお読みくださりありがとうございました。
お問合せ:いたばしアレルギーの会 
メール:itabashiallergy@yahoo.co.jp       
HP:http://00happy00.blog33.fc2.com/
フェイスブックページ:@itabashiallergy.tokyo
Twitter:@itabashiallergy
https://twitter.com/itabashiallergy
◆会員入会希望の方は メールにてご連絡ください


  1. 2019/04/02(火) 09:47:18|
  2. 2019年度の活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[ご報告] 避難所運営ゲームHUG講座 ~避難所ってどんなところ?ゲームを通して知ることから始めよう~

[ご報告] 避難所運営ゲームHUG講座
~避難所ってどんなところ?ゲームを通して知ることから始めよう~
  
日時:平成30年3月17日(日)11:00~14:30
会場:いたばし総合ボランティアセンター
参加者:12名
  
Fotor_155282690435772.jpg
~受付は会員の子どもたちの仕事です~

避難所HUGは、避難所運営を皆で考えるための
ひとつのアプローチとして静岡県が開発したものです。

Fotor_155383420380872.jpg


避難者の年齢や性別、
国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、
避難所の体育館や教室に見立てた平面図に
どれだけ適切に配置できるか、
また避難所で起こる様々な出来事に
どう対応していくかを模擬体験するゲームです。
 
この講座では、元災害ボランティアセンター職員という
異色の経歴を持つ会員が進行を行いました。

share_temporary (3)


疾患を持つ人はもちろん、大切な家族がもしもの時にも命を守ることのできるように、
当会では防災・減災に関する知識の発信や、講座をしています。

会員のみなさんも、また団体間でつながりのある患者会のみなさんも、
ご家庭での自助をみなさん積み重ねています。

この自助、実は人それぞれ気にしている点が違っているものでもあります。
 
講座の中では家具の転倒防止やローリングストック、
また災害時の医療の話など少しずつ情報発信も行いました。
 
今回は、災害直後の避難所はどのような状況なのかを知ることを通して、
自助の大切さはもちろん、共助の必要性を感じてもらい、
参加した人が明日から築く、「地域での共助」を願いプログラム作りをました。

share_temporary (6)

share_temporary (5)

~大人も子どももとにかく真剣!!~


頭を使うので、お腹もすきます。
今回は当会の災害備蓄品を使い、「食べる分だけ作る アルファー米の食べ方WS」も行いました。

Fotor_155278352952653.jpg
災害時には、会員間の共助物資としてはもちろん、少し離れた患者会様にお届けできるように準備をしています。
災害支援を無料だと勘違いされている人、組織がありますが、かななず、お金はかかるのです。
この部分をおざなりにして、「助けて」とだけ発信することは当団体はしません。 
団体の自助努力として災害時の対応も考えています。
 
自助と共助は常に更新が必要です。
個人でも組織でも、振り返りながら知識を積み重ねていく必要があるものなのです。 

でも、それを、一人で行うのはとても負担があるものです。
気づきの部分や、情報については、同じアレルギーを持つ子どもの家族同士、
一緒に行えばいいと思いませんか。
子ども同士も、仲間と一緒に遊びながらアレルギーのことや生き抜くための知恵について、
共有できたら、心が豊かになると考えています。

Fotor_155287695215569.jpg
~食べる分だけ、アルファー米を作る講座って、今までなかったでしょ?~
こういう視点は、さすがプロの視点だと思います。  

share_temporary (4)
~真面目そうな雰囲気ですが・・・お菓子争奪じゃんけん大会の説明中です~
 
お菓子の争奪戦で見事勝ち抜いたのは大人。
子どもたちは譲ってくれるとばかりに手を出しましたが、「それはしないよ」と一言。
でも安心してください。
公平なじゃんけん勝負は、その後2回戦続き、みんな美味しいお菓子にありつけました~。

午前に、ならしのHUGを行い、午後はみっちり1時間のHUGをスタート。
子どもたちの中にはHUG経験三回目という子や、
日頃から防災を考えて大人顔負けの視点と知識を持つ3年生男子がおり、とっても充実した時間となりました。

~子どもたちの感想の一部をご紹介~
2019329a.jpg


大人の感想はまた後日更新させていただきますね。
(SNSでも発信してくださった皆さんに感謝しています)

この講座の最後にみなさんにお伝えしたのは、
一人では解決できないことも、
仲間となら別の方法で解消ができるかもしれないということ。

人と人が繋がることで、不安が解消されることもある。

私たちはひとりじゃない、あなたがいる。
いつものフレーズですが、まさに講座終了時には、
「今回出会えた仲間に感謝の気持ちでいっぱいになるひと時だった」
と会員が感想に書くくらい充実していた時間となりました。


心豊かな社会を子どもたちの繋ぐために、
私たちが繋がって考えて、物事に向き合う姿を見せていきたいなと思います。



また、この度は当会の活動にご理解を下さる様々な企業、施設、組織からご支援いただきました。

Bears 熊本製粉株式会社様より、「グルテンフリーケーキミックス」
http://www.bears-k.co.jp/
レシピ一覧もぜひ http://www.bears-k.co.jp/recipe/cat_list.php
2019329b.jpg

詳細は控えますが、動物の面白写真集・王子さまなカレー・みんなが安心して食べられるお菓子・非常食のご支援をいただきました。
この場をお借りして、お礼申し上げます。
ありがとうございます。


さて、このHUG講座、次回の開催も決定しています。
患者当事者のみなさん、ぜひご参加くださいね。
*日程はご相談いただければリクエストに合わせ開催しますよ。


事業者、法人、団体向けには研修プログラムとして開催いたしますのでお問い合わせください。




最後までお読みくださりありがとうございました。
お問合せ:いたばしアレルギーの会 
メール:itabashiallergy@yahoo.co.jp       
HP:http://00happy00.blog33.fc2.com/
フェイスブックページ:@itabashiallergy.tokyo
Twitter:@itabashiallergy
https://twitter.com/itabashiallergy
◆会員入会希望の方は メールにてご連絡ください
  1. 2019/03/29(金) 15:25:12|
  2. 平成30年度の活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【お土産付き】 避難所をゲームを通して知る講座 開催のご案内

避難所運営ゲームHUG講座のご案内

~避難所ってどんなところ?ゲームを通して知ることから始めよう~
 
何それ?と思ったみなさん!ぜひ参加しませんか?
予備知識がない方が、いいんです。

share_temporary_20190303130853d26.jpg


避難所HUGは、避難所運営を皆で考えるための
ひとつのアプローチとして静岡県が開発したものです。

避難者の年齢や性別、
国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、
避難所の体育館や教室に見立てた平面図に
どれだけ適切に配置できるか、
また避難所で起こる様々な出来事に
どう対応していくかを模擬体験するゲームです。
 
正解のないこのカードゲームを「訓練」ではなく、
知識の種になるようにゲームをしていきます。
 
ご自身の自助を更新するために、
その根拠となる災害後の避難所を知り、
あなたの自助を振り返り、同じアレルギーを持つ
仲間と一緒に向上させませんか。

企業の方からのサポートもありお土産付き! 
時間も長い講座となりますので、
非常食のもぐもぐタイムも予定していますよ♪
 
 
 
日時:3月17日(日)11:00~14:30

会場:いたばし総合ボランティアセンター (板橋区本町24-1 都営三田線板橋本町駅下車)

参加対象者:標準治療を受けているお子さんのご家族等
        小学生はHUGゲームにご参加いただきます。
         *災害等の知識を持ち合わせている方は参加をご遠慮ください
          (新年度に計画しているHUGにご参加ください)

参加費:いたばしアレルギーの会 会員500円 
     会員外 活動支援金として1000円(アルファ米の試食ランチ付き)

持ち物:飲み物・お昼ご飯・お箸やスプーンなど 

進行:防災士

問合せ・申込:いたばしアレルギーの会 itabashiallergy★yahoo.co.jp
         ★を@に変えて送信ください

*お子さんの見守りはありませんが、小さなお子さんを連れての参加も可能です。
 
ぜひ、ご参加ご検討くださいね。
 
入会をご希望される方は、http://00happy00.blog33.fc2.com/blog-category-1.htmlをご一読ください♪


現在の参加申込者 13名 子ども参加者含む (更新3.12)







  1. 2019/03/03(日) 12:46:35|
  2. 平成30年度の活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

災害時に備えて これまでとこれから


災害が続く日本。
被災地の情報、映像を見て、心を痛め、
何とかしたいと思われた方は多いと思います。
 

被災された方やその家族が自らの経験から
備えることの大切さ、地域社会の安全確認の大切さを、
情報発信してくださっています。
 
「何とかしなきゃ」と思うだけではなにも変わらない。
 
私たちは設立当初から、災害に備え、
市民一人一人が何ができるのかを考えてきました。
 
そして、災害が起きる前の「今」だからこそできることを
大先輩の患者会のみなさんや、災害支援団体等からご指導を受け、
当会として積み重ねてきました。
 

・家族の健康のために、自宅の減災対策をしっかり行うこと
・地域の人と緩やかなつながりを持つこと
・非常食講座などを通して、アレルギーについて地域の人に知ってもらえる機会を作ること
・当会運営者の災害関連の会議や、訓練への参加
・非常食の備蓄配備を進めること(区内、区外、東京都外 合計5か所、今後7か所に増える予定)
・発災後の情報共有の為に、平時からの患者会間のつながり、また災害支援団体、企業とのつながり作り
 

皆様のご協力もあり、理解の輪が広がっています。
  


平成31年度には、任意団体である小さな患者会間の
団体自助の意識の向上、そのうえでの団体間共助へつなげることを目指し
災害にそなえ、学習し、支えあう、
情報共有ネットワークを作りたいと考えています。

ひとり一人のできること、仲間同士のできること、組織としてできること、
みなさんと一緒に考えていきたいと思います。
  
「地域が離れているからこそできる支援がある」
これは当会が皆様へのお手紙などによく記載する言葉です。
私たち自身の地域はもちろん、みなさんの地域のもしもの時も、互いに支えあえる共助を目指したい。 
自助をしたうえでの共助の繋がりを強くしたいと願います。 
  
 
なお、現在は命に係わる症状を持つ人へ共通の知識を持ち、早急に団体間連絡の枠組みを作りたと考え、
アレルギーの標準治療の知識を共有できる、
小児のアレルギー患者支援をする患者会の繋がり作りを想定しています。

各地域には丁寧な活動をしているNPO法人のアレルギー支援団体があります。
患者会は様々に活動をされていると思いますが、
地域にアレルギー支援の法人があれば、
団体として繋がることもおすすめさせていただきます。

自分たちでできることは自分たちでしっかり行う。
それが自分の身近な人の笑顔を守る一番の減災になる。
 

どうぞご理解、よろしくお願い申し上げます。
 
これを公開するにはとても勇気が必要でした。
応援していただければ幸いです。
 
小児・標準治療・任意団体 の患者会さんぜひ防災に関する情報を共有してください。

お問い合わせ 
いたばしアレルギーの会 itabashiallergy (at) yahoo.co.jp   (at)を@に変えてください
  1. 2019/02/05(火) 10:13:12|
  2. 災害への取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ