いたばしアレルギーの会 

東京都 板橋区 アレルギー疾患のある方 協力者の 学びの会です。 現在板橋区・北区を拠点に活動中です。

FC2ブログ

災害時に備えて これまでとこれから


災害が続く日本。
被災地の情報、映像を見て、心を痛め、
何とかしたいと思われた方は多いと思います。
 

被災された方やその家族が自らの経験から
備えることの大切さ、地域社会の安全確認の大切さを、
情報発信してくださっています。
 
「何とかしなきゃ」と思うだけではなにも変わらない。
 
私たちは設立当初から、災害に備え、
市民一人一人が何ができるのかを考えてきました。
 
そして、災害が起きる前の「今」だからこそできることを
大先輩の患者会のみなさんや、災害支援団体等からご指導を受け、
当会として積み重ねてきました。
 

・家族の健康のために、自宅の減災対策をしっかり行うこと
・地域の人と緩やかなつながりを持つこと
・非常食講座などを通して、アレルギーについて地域の人に知ってもらえる機会を作ること
・当会運営者の災害関連の会議や、訓練への参加
・非常食の備蓄配備を進めること(区内、区外、東京都外 合計5か所、今後7か所に増える予定)
・発災後の情報共有の為に、平時からの患者会間のつながり、また災害支援団体、企業とのつながり作り
 

皆様のご協力もあり、理解の輪が広がっています。
  


平成31年度には、任意団体である小さな患者会間の
団体自助の意識の向上、そのうえでの団体間共助へつなげることを目指し
災害にそなえ、学習し、支えあう、
情報共有ネットワークを作りたいと考えています。

ひとり一人のできること、仲間同士のできること、組織としてできること、
みなさんと一緒に考えていきたいと思います。
  
「地域が離れているからこそできる支援がある」
これは当会が皆様へのお手紙などによく記載する言葉です。
私たち自身の地域はもちろん、みなさんの地域のもしもの時も、互いに支えあえる共助を目指したい。 
自助をしたうえでの共助の繋がりを強くしたいと願います。 
  
 
なお、現在は命に係わる症状を持つ人へ共通の知識を持ち、早急に団体間連絡の枠組みを作りたと考え、
アレルギーの標準治療の知識を共有できる、
小児のアレルギー患者支援をする、法人格を持たない患者会の繋がり作りを想定しています。

各地域には丁寧な活動をしているNPO法人のアレルギー支援団体があります。
地域の法人と繋がることをまずはおすすめさせていただきます。

自分たちでできることは自分たちでしっかり行う。
それが自分の身近な人の笑顔を守る一番の減災になります。
 

どうぞご理解、よろしくお願い申し上げます。
 
これを公開するにはとても勇気が必要でした。
応援していただければ幸いです。
 
小児・標準治療・任意団体 の患者会さんぜひ防災に関する情報を共有してください。

お問い合わせ 
いたばしアレルギーの会 itabashiallergy (at) yahoo.co.jp   (at)を@に変えてください
スポンサーサイト
  1. 2019/02/05(火) 10:13:12|
  2. 災害への取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2/25(月)おしゃべり会のおしらせ


おしゃべり会のお知らせです

日時 2/25(月)11:00~12:30 
場所 新宿(お問い合わせいただいた方にお知らせしております)
対象 アレルギー疾患を持つお子さんのご家族
    ただし、今回は標準治療を受けているお子さんのご家族に限定いたします。
参加費用 各自ランチ代金をお支払いください(1000円~1500円程度)

現在お申込み4名となっております。(2/5)


申込・問い合わせ いたばしアレルギーの会 itabashiallergy@yahoo.co.jp

  1. 2019/02/05(火) 09:38:59|
  2. 平成30年度の活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ご報告 】みんなのアレルギーEXPO2018に出展しました 

EXPOブース全体

【ご報告】
みんなのアレルギーEXPO2018
日時:平成30年10月15日(月曜日)16日(火曜日)
会場:新宿 京王プラザホテル
H P: http://expo.jeho.or.jp/


いたばしアレルギーの会では、
出展を通して出会えた皆さんと一緒に、楽しみながら新しい視点を手に入れたり、
疾患を持つ仲間との出会いを通じて、一緒に一歩踏み出す勇気を持つ機会に、
また団体としては、災害の共助をすすめるための団体間交流の場と考え、
今年は、「わたしたちはひとりじゃないよ」をテーマに出展をしました。

今年は例年以上の出展企業がありました。
また来場者については
アレルギー当事者やその家族、そういった人とかかわりのある仕事をしている方はもちろん、
災害関連に関心のある方も大変多くみられました。

標準治療団体である当会のブースに、情報共有を目的にいらしてくださった方や、
標準治療の情報が欲しくて来場された方もおり、
必要に応じて標準治療の全国の様々な会をご紹介させていただきました。

アレルギーについて多くを知らないという方には標準治療のことや、
エピペントレーナーでのエピペンを打つ体験の機会はとても好評でした。
私たちも、アレルギーについて関心を持ってくださり、
また穏やかに情報共有を行ってくださったた皆さんに出会えて
よかったと思います。
新たに、アレルギーについて関心を持ってくれる人と出会えるのが
みんなのアレルギーEXPOのありがたいところ。
顔を合わせて、話をして、知ってもらえる機会は大事です♪

また、今回は設立当初から情報共有をしている防災士の菊池顕太朗さんをお呼びして、
みなさんに本物の防災に触れていただけるようにいたしました。
やはり大変好評で、お話ししたくてもできなかった方もいらした様子。
菊池さんはたくさんの施設で防災講座をなさっています。
ぜひ皆さんの関係する保育園、学校、施設等で講座の開催をして、
地域で共通の認識をもつ機会を作っていただければと思います。

そして、板橋区内で傾聴ボランティア養成講座の講師を担う
傾聴いたばしさんによる、傾聴体験も今回は特別に行うことができました。
信頼のおける傾聴者の存在を、多くの人に知ってもらい、
私たちは対話をする中で、勇気をもらえたり、悲しみをいやしたり、
また新しいプロジェクトを立ち上げる機会をえることができることを
改めて感じてもらえたらなと思います。
学校等とのコミュニケーションンの前に、
自分の思いを整理することは大切ですが、とても心が重くなるものです。
でも、傾聴いたばしさんのような傾聴のプロフェッショナルが、
その作業を支えてくれるとしたら・・・?
他団体と繋がっていくって、自団体では到底できない活動視点で支援を受けられるのですから
とても幸せなことなのですよね。


当会のブースにいらしてくださった皆様、
お時間作ってくださりありがとうございました。
 

さて、
今年度は、日頃開催している「いたばしアレルギーの会」のおしゃべり会を、EXPOの会場でおこなう機会を頂きました。
EXPO-m0.jpg
セミナープログラム一覧

EXPO-m3.jpg
セミナーご参加のみなさんへの配布物やプレゼント


EXPO-m1.jpg

日時:2018年10月16日(火)
   10:30~11:15<モーニングセッション>
会場:花特設会場
タイトル:私たちはひとりじゃないよ
     ~一緒に話そう子どもの未来~

ゲストスピーカー
◆みぃちゃん 
(お子さんの年代 6歳と未就園児)

◆まあちゃん
(お子さんの年代 高1、小5、小1)
  
◆みちょ 
(お子さんの年代 社会人、大学生、高校生)
 
◇ファシリティーター いたばしアレルギーの会代表 田中由里子

EXPO-m2.jpg
会場では事前に会員やWEBにて行ったアンケートをYES・NOで答えるコーナーも。
みなさんと一緒に盛り上がりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、みんなのアレルギーEXPOでは、今年もアレルギーに配慮した食品メーカーさんがたくさん出展されておりました。

「いつも美味しくいただいています、ありがとうございます!」
「こんなアレンジして食べています」
「おまけのシールは何種類あるんですか?」等々、
日常的に購入しているファンたちの【声】に
「嬉しいです!!」と企業の方の声もとっても楽し気。

そんな素敵なコミュニケーションがそこかしこで行われていました。
実演や試食もあり、とっても盛り上がっていました。

オタフクソースさん
写真:オタフクソースさんの、27品目除去お好み焼きの実演の様子

みんなのアレルギーEXPOでは、アレルギーを持たない人も、来場されるので、
アレルギーに配慮した、誰が食べても美味しい商品
知ってもらえる機会にもなっています。
これが何よりも、嬉しい。
とてもうれしい。


みんなのアレルギーEXPOは、医学的根拠を基にした市民講座や会ではありませんが、
年に一度、アレルギーについてよく知らない人も来場しやすい見本市。
アレルギーについて知ってもらえる「素敵なチャンス」と当会ではとらえています。


みなさんもご存知の通り、このEXPOでは患者会をはじめ、
アレルギーを商品として扱う企業・団体はそれぞれに、様々な指針を持っています。
考えを統一にするための議論は必要はありません。
見本市として様々な情報を得て、その情報を考え、選択するのは私たち一人ひとりです。
毎年お話ししますが、混乱した際にはぜひお声がけくださいね。
大丈夫です。私たちはもちろん、みんながいます。 
 

当会は、今後もみんなのアレルギーEXPOで、
みなさんと楽しく、美味しく、情報交流しながら、
標準治療の団体ならではの情報発信をします。
来年も、例年通り、患者が社会に繋がる言葉(カード)を持つことの大切さを伝えていけたらな・・・
アレルギーについてよく知らない人にも知ってもらう機会の創造ができたらなと考えています。


みんなのアレルギーEXPO の1回目からを振り返ると、
このEXPO開催を機会に、
患者任意団体の、横のつながりができてたなぁとしみじみ感じます。
全国の仲間や、新たな理解者に出会える場を創造してくださった
一般社団法人日本環境保健機構 に感謝いたします。


さぁ、来年の開催情報のアナウンスが今から楽しみですね!


当会ブースにお立ち寄りいただいた皆様、ありがとうございました。
また、ぜひお会いしましょう。


10/15.16は、当会の大人たちが交流を楽しみました。
次は、会の子どもチームが大学の学祭に出演いたします。
練習頑張れ!子どもたち♪
何をするかは・・・またご報告いたします♪




初めての方へ・・・
下記に団体活動内容等を少し掲載いたします。
PCサイトの方を見ていただくと沿革等掲載しております。
必要に応じてご覧ください。


~いたばしアレルギーの会~
http://00happy00.blog33.fc2.com/
アレルギー疾患をもつ子どもたちと、その家族と、支援者が、共に標準治療を基に学び、アレルギーに関するさまざまな問題解決のための活動を通じてつながりを深め、子どもたちのすこやかな成長を応援することを目指しています。
また設立当初から、災害時のネットワークづくり目指し、様々な団体と交流しながら活動しています。

*標準治療とは、専門医が作成した治療ガイドラインに基づき、科学的根拠があり、実際に効果があるとされている治療法です。


最後までお読みくださりありがとうございました。
お問合せ:いたばしアレルギーの会 
メール:itabashiallergy@yahoo.co.jp       
HP:http://00happy00.blog33.fc2.com/
フェイスブックページ:@itabashiallergy.tokyo
Twitter:@itabashiallergy
https://twitter.com/itabashiallergy
◆会員入会希望の方は メールにてご連絡ください


  1. 2018/10/22(月) 16:53:48|
  2. 平成30年度の活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

 ブースに登場するスペシャルゲストのご紹介 みんなのアレルギーEXPO2018


来週に迫った みんなのアレルギーEXPO2018
10月15日(月曜日)16日(火曜日)開催です。
新宿京王ホテルにて開催です。
HP→ http://expo.jeho.or.jp/


いたばしアレルギーの会のセミナーやブースにお力添えいただく
スペシャルゲストのご紹介です。




(1)ゲストスピーカーが素敵 

当会は本年度、皆様からのリクエストも多かった、
おしゃべり会を会場で行います。

今回は、ゲストスピーカによるおしゃべりとなります。
日時:2018年10月16日(火)
   10:30~11:15<モーニングセッション>
会場:花特設会場
タイトル:私たちはひとりじゃないよ
     ~一緒に話そう子どもの未来~

ゲストスピーカーの3名をご紹介します。
◆みぃちゃん 
(お子さんの年代 6歳と未就園児)
卵のアレルギーを持つお子さんがいらっしゃいます。
  
◆まあちゃん
(お子さんの年代 高1、小5、小1)
甲殻類、魚卵の食物アレルギーをもつお子さんと、動物のアレルギーや喘息を持つお子さんがいらっしゃいます。
趣味はスキーですが最近はあまり行ってないそう。今やりたい事はジョギング。
  
◆みちょ 
(お子さんの年代 社会人、大学生、高校生)
食物アレルギー、アトピー性皮膚炎を持つおこさんがいらっしゃいます。
趣味はストウブと言う無水調理ができるお鍋でお料理すること。
 
◇ファシリティーター いたばしアレルギーの会代表 田中由里子
当会代表の田中が、皆さんの声を元にした質問をゲストスピーカーのみなさんにうかがいます。

フェイスブックページでのイベント情報は こちらから → いたばしアレルギーの会 モーニングセミナーFBページ

観覧に参加できるよ~という方。ぜひご連絡ください。
お子さんと同席ももちろん大歓迎です。



(2)情報共有をしている防災士 菊池顕太朗さんが登場!

当会は様々な地域の防災士さんと情報共有を行っております。
今回はなんと!
当会の前身「小児アレルギーの会 げんきっこクラブ」が
2012年に開催した「災害とアレルギー」という講座にて
自助共助の視点の基本をお話しくださった、
防災士 菊池顕太郎さんが当会のブースにゲストとして両日来てくださいます。

2012年当時は、
アレルギーは自己責任という流れもあるなか、
なかなか難しいお題にもかかわらず
「大切な人を守る」という視点で、
自分たちが勇気を出して一歩踏み出して備えることの
大切さをお話しくださいました。

その後も、私立幼稚園や、大型マンションでの
防災講座をお願いする機会がたびたびあり、
その都度アップグレードされる講座内容に信頼を寄せております。
今回の当会のブースでも、自助・共助の大切さを発信していただく予定です。

ぜひとも、ちょっと疑問に思うことでも、菊池さんに相談してみてくださいね。
また、ぜひみなさんの地域でも菊池さんの防災講座が開催され、
多くの人が自助の意識から数歩進んだ、生活の見通しを持てる機会になりますように。

菊池顕太朗さんのホームページ 
日々様々な学校、町会、施設での講演活動をされています。
https://ameblo.jp/gensai/



(3)傾聴のプロがブースにいます!!

当会の連携団体でもある
「傾聴いたばし」さんによる
傾聴の機会をこの度、作ることができました。

板橋区内の施設等で、傾聴活動はもちろん、
傾聴ボランティア養成講座などを担い、
行政での講座にも呼ばれている、スペシャルなみなさんです。

お話を聞いてもらうだけじゃないんです。
こちらの団体は、スキルが高い。

なんだかもや~っとしていることを、
お話ししているうちに、
自分の力で状況が整理できるように、
聞くことだけで導いてくれる傾聴だって定評があります。
会員の中には、大ファンがいるくらいです。


ぜひ、この機会に、
例えば・・・
深刻過ぎない、もや~とした思いを、
子どもとのことなど、
気楽にお話ししてみませんか。

~傾聴いたばしによる 無料傾聴~
日時 10月16日 14;00~15;00
会場 京王プラザホテル 4階(新宿)
   いたばしアレルギーの会 ブース
定員 14:00~14:30 1名 
    14:30~15:00 1名
費用 無料
申込:下記の内容でお申し込みください 

宛先:itabashiallergy@yahoo.co.jp
題名: ~傾聴いたばしによる 無料傾聴~
希望日時:
名前:
連絡先:
★お早めにお申し込みください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上3つイベントに係わる、
スペシャルゲストのみなさんをご紹介いたしました。


当会は、みんなのアレルギーEXPOへの出展を通して、
会員として出会えた皆さんと一緒に、
新しい視点を手に入れるきっかけや、
疾患を持つ仲間との出会いを通じて
一歩踏み出す勇気を持つ機会に、
また団体としては、
災害の共助をすすめるための
団体間交流の場と考えております。



下記に団体活動内容等を少し掲載いたします。

最後までお読みくださりありがとうございました。
お問合せ:いたばしアレルギーの会 
メール:itabashiallergy@yahoo.co.jp       
HP:http://00happy00.blog33.fc2.com/
フェイスブックページ:@itabashiallergy.tokyo
Twitter:@itabashiallergy
https://twitter.com/itabashiallergy



~いたばしアレルギーの会~
http://00happy00.blog33.fc2.com/
アレルギー疾患をもつ子どもたちと、その家族と、支援者が、共に標準治療を基に学び、アレルギーに関するさまざまな問題解決のための活動を通じてつながりを深め、子どもたちのすこやかな成長を応援することを目指しています。
また設立当初から、災害時のネットワークづくり目指し、様々な団体と交流しながら活動しています。

♡みんなのアレルギーEXPOには活動内容にご理解くださる方との交流を目的に出展しています♡

*標準治療とは、専門医が作成した治療ガイドラインに基づき、科学的根拠があり、実際に効果があるとされている治療法です。
  1. 2018/10/09(火) 14:06:20|
  2. 平成30年度の活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みんなのアレルギーEXPO2018に出展のご案内とアンケートのお願い


みんなのアレルギーEXPO2018に今年も出展いたします。

今年は10月15日(月曜日)16日(火曜日)新宿京王ホテルにて開催です。
HP→ http://expo.jeho.or.jp/

会では、参加を通して、
会員として出会えた皆さんと一緒に新しい視点を手に入れるきっかけや、
疾患を持つ仲間との出会いを通じて一歩踏み出す勇気を持つ機会に、
また団体としては、
災害の共助をすすめるための団体間交流の場と考えております。

今回、私たちは”いたばしアレルギーの会”のブース出展のほかに、
公開おしゃべり会形式講演会を行います。

日時:2018年10月16日(火)
   10:30~11:15 <モーニングセッション>
会場:花特設会場
タイトル:私たちはひとりじゃないよ
     ~一緒に話そう子どもの未来~

公開おしゃべり会形式講演会とし、
ゲストスピーカーの先輩ママお三方に、
当会代表の田中が、事前アンケートに書かれた皆さんの声を元に
質問を振っていく形式です。


より良い内容にまとめていきたいな!
と思い、時間を少しづつ持ち寄りながら準備を頑張っています。

たくさんの社会不安がある今、
アレルギーを持つ人が、
「大変なんです」と声をあげても
なかなか、ストレートには伝わりにくい。
では、強固に伝えるか?
それでは、アレルギーを持つ人への誤解を
作ってしまいます。
 
設立当初からお話しさせていただいているのは、
アレルギーを持つ人も、持たない人も、
ともに学びともに歩むということ、
相手に伝わる言葉で、
相手に伝わるタイミングで、お話しし続けること。
この二点を踏まえ、
今回のEXPOでは、ブースだけではなく
セミナーを開催することになりました。
 
 
ぜひ、当日のおしゃべり会には
みなさんにもご参加いただきたく、
また、みなさんの想いを社会に知ってもらい、
アレルギーを持つ人の気持ちを発信するためにも
事前アンケートへのご協力をおねがいしたいと思います。

お忙しいとは思いますが、
回答いただける範囲で、ぜひよろしくお願いいたします。


アンケートは下記よりお答えいただけます。



いたばしアレルギーの会 子育てに関するアンケート




  1. 2018/09/16(日) 11:14:52|
  2. 平成30年度の活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ