いたばしアレルギーの会 

東京都 板橋区 アレルギー疾患のある方 協力者の 学びの会です。 現在板橋区・北区を拠点に活動中です。

いたばしアレルギーの会 平成29年度  目指せ!子ども非常食リーダー講座報告



平成29年度 いたばしアレルギーの会 防災学習会 
防災対策 基本の「き」 
~ 今から準備しよう!つながろう! ~
第3回 目指せ!子ども非常食リーダー講座報告
開催日時: 平成29年7月31日(月)

Fotor_150338519961936.jpg



いたばしアレルギーの会が継続して開催している
子どもたちが育つ、防災学習会を、本年度も楽しく開催いたしました。

世の中には、サービス提供として、学習する機会が増えてきました。
私たちは、専門知識を持つ会員や、経験から培ってきた知識をもとに
外部団体や、有識者のご指導を受け、参加者とともに考える場づくりの機会を作っています。

様々な課題がある現代だからこそ、多様な価値観を仲間と共に共有しながら
自立する勇気を一人一人が持つための「考える場つくり」の大切さを発信しています。

子ども非常食リーダー講座について


内 容: 

①この講座に持参する持ち物を自分で考えて準備しよう。
②自分に必要な防災対策を考えてみよう。
③目の前にある非常食は食べられる?原材料を確認してみよう。
④実際に作って試食をしてみよう。
⑤参加して感じたことをみんなで話してみよう。
⑥子ども非常食リーダー認定試験に挑戦してみよう。


「子ども非常食リーダー」とは当会オリジナルの認定であり、

①学んだことに自信を持ってもらうこと
②自分の周りの人に非常食について学んだことを発信してもらうこと
③子ども達が自ら防災の基礎知識を学ぼうとする意欲を育て自助共助力の広がりを目指すこと
を目的としています。

また、非常食リーダー認定を受けた子ども達は、次回の講座ではスタッフとして参加し、
子どもなりの知識の向上(自助力の向上)はもちろん、
子ども達が自分の出来ないことを手伝ってもらったり(受援力の向上)、
自分の得意なことを通して仲間とともに協力すること(共助力の向上)、
もしもの時も、年齢に応じた判断力で、自ら考え、
たくましく行動する力(生きる力)を育む、
継続する講座にしていきたいと考えている。

公的な認定ではなく子ども達の自発的な学びを応援するためのものであること、
知識を持つ仲間ともに丁寧に準備をし開催している、
設立当初から大切にしている防災事業の講座であることご理解ください。


ご報告


IMG_20170731_091410.jpg

子ども非常食リーダー講座に、初めて参加する人以外は、
非常食リーダーとして、会場設営はもちろん、
講座の進行や、食材の原料確認や、新規参加者への声がけなど
自分で考えて、どんどん行動してもらっちゃいます。


Fotor_150338641159564.jpg


今回、子どもの非常食リーダーの意識が高く、
進行役の当会代表は、安全の配慮程度の存在になりました。
子どもたちの成長は、頼もしい限りです。

いつも通り、子どもたちが自分で食べられる非常食を見つけ出す体験をしましたよ。
漢字が読めない子は、非常食リーダーの子どもたちがサポート!
大人はお口チャックで見守ります。

非常食すべて

子どもたちが原材料表を読む中で気になったのが・・・
「グァー って何!」
「グァー」
「ガァーーーーーー」
「がぁ~~~~~~~~~」
最後には参加者全員が、ガァガァ言ってしまいました。
「そうだよね、八百屋さんでもスーパーでも見たことないよね」と
みんなで考えてみるのは大事ですよね。

グァーについては、詳しくは 東京都福祉保健局 食品衛生の窓 のサイトをご覧ください。

Fotor_150338627540789.jpg


また、原材料表の読み方を学んだ、高学年の子ども非常食リーダーさんは
「量が多い順番に書かれているよ」
「特定原材料は、豚肉と、リンゴだね」
など、ちょっと難しい言葉も会話に出てくるようになりました。

さて、今回は・・・
同じ商品名のアルファー米、
高級缶詰と良心価格の缶詰
お味噌汁の食べ比べなどを行いました。

子どもたちの声は、素直で・・・・・。

~アルファー米~

IMG_20170731_110626.jpg

美味しい!と思って食べた商品と
他の商品の成分表をもう一度じっくり確認すると・・・
「ナトリウムの量が違う!」
「そうか、塩分!」
なるほど、なるほど。

IMG_20170731_114601.jpg

IMG_20170731_114345.jpg

この塩分量については、多いことがいいのか、少ないのが良いのかは、
一概には言えません。
好みや、食べるシーンを考えて、選べばいいかと思いますよ。

「わかめの量が違う!!」
子どもたちは、鋭いですね。


~缶詰~

良心的な値段の缶詰が予想通りの味で食べやすかった印象があります。
ローリングストックで日常的な食材をストックしながら、
各家庭で食べやすい商品を探しておくといいかと思います。


~お味噌汁~

袋を開けた時に「原材料が書いてある会社と、ない会社があるよ!」と
子どもたちからすぐに声が上がりました。
食物アレルギーを持つ子どもたちには、原材料が書いてない商品は
安心して食べることができないものに変わります。
個包装でも原材料が記載されている企業の商品を買いたいと思います。

Fotor_150338652855120.jpg

避難所に、いくら食料物資が運ばれてきても、
大袋から、出された状態で並んでいたら食べられないということを
子どもたちが知る機会になりました。

「この商品が入っていた袋を見せてください。原材料が書いてあるんです」
この一言が言える、たくましい子に育つよう成長を応援します。


合理的配慮の視覚的教材として、このように麦茶のポットに代表がささっと記載し貼り付けました。
このような表示があるだけで、誰でも安心して生活ができるようになります。

Fotor_150338661225839.jpg


~お餅の非常食情報~

各社、商品を出しており、色々と食べる経験はしてきました。
どれも、「白玉団子を伸ばしたような食感」の印象がありました。
今回も、たぶんそんなお味だろうと予想していましたが、

IMG_20170731_115558.jpg

これはびっくり!
ちゃんとお餅なんです!
薄めの、柔らかな、お餅として通用するお味。
美味しいんです!!
お餅も、きな粉も、美味しいんです。
子ども達も、「うまい」「美味しい」と大絶賛です。
大評判でした。


~みんなで会食~

さて、みんなで一緒に美味しく食べながら、
自分が選んだ商品の原材料を紹介したり、
友達の選んだ商品のおすそ分けをもらったりしながら
楽しく会食。

その後は、みんなでごみをコンパクトにして片づけます。
今回は、缶詰を水で流す作業を入れました。
夏場の避難所では、食べ残しなどのごみが捨てられず
においの原因になることもあります。
水が使用できない時は、古紙でふき取りをすることも考えられるようになるといいですね。
ただし、指のケガは要注意。
そこから感染症になったら大変なことになってしまいますから。


~ドキドキの筆記試験!?~

最後は、難関の筆記試験です。
講座中、テキパキと動き、的確な回答をする、非常食リーダーさんたちに
負けじと初回参加者たちも一生懸命取り組みます。
非常食リーダー検定をもらっている子どもたちも、
レベルアップを目指し筆記試験に真剣です。

Fotor_150338966368792.jpg


今回、無事新たに3名の非常食リーダーが誕生しました!
非常食リーダーの★の数がレベルアップしたのは4名!
次回は、リーダーさんに司会も頼もうかな?

h280428-2.jpg

見事合格した3名には、リーダーさんとして、新規参加者へのサポートや
講座準備など、頑張ってもらうのはもちろん、
自分で非常食に関する知識を手に入れて毎日を過ごし、
もしもの時は大切な人を守れる人になって、かっこよく参加してもらいます♪

Fotor_150338990176130 (1)


今回使用した食品についてはこちらをご覧ください。
講座紹介投稿より


次回、あなたも参加しませんか?
この講座は、参加者の気づきを大切にしていきます。
少人数での開催ができるのも、非営利活動NPOだからこそ。
みんなでワイワイおしゃべりしながら、楽しみましょう。
ぜひ、遊びに来てくださいね。



~ミニ情報~



当会に情報提供くださる、食・災害・医療・衛生の専門知識を持つ方より

ローリングストックについて
「例えば、サンマの水煮缶や味噌煮缶なら、
 そのまま鍋で煮込み三食丼の具材にするのもお勧めです。」
「長期保存できる野菜ジュース缶は心強いですが少々お値段も高め。
 本数を少なめに備蓄して、手ごろな価格の野菜ジュースの買い置きを飲料したり、
 スープに入れるなどの活用法もいいかと思います。」
「健康補助的な役割も見込めるゼリー系飲料も、お勧めです。」


衛生について
「避難所での衛生管理について大事にされるようになってきているが、
 個人ができる事は、まず手を清潔にすること。
 除菌できるものを備蓄する意識を忘れずに」
「口腔内の衛生も非常に大事。各自でできる事を考えて」
「ホコリや、感染症での体調不良を考えマスクの準備があると安心です」


罹災時のこと
「避難所のトイレは、汚物がタンクに入るだけの状態となる。
 各家庭で、家具の倒壊などを防ぎ、
 避難所に行かなくても、生活できる環境を整えて。
 家の減災対策の意識をもち、トイレに関する備蓄を」

「家の周りに病院があっても、災害時には対応してもらえないこともある。
 災害時には、医師・病院にそれぞれ役割が決まっており、
 近隣医に駆け込んでも、
 ドクターは拠点病院に徴集がかかり不在になるケースもある。
 止血の方法や、熱傷、骨折などの応急手当ての知識を家族とともに学んで欲しい」

*ここに記載したのはほんの少しの情報です。
ご自身の家族の為に、ぜひ防災訓練や、防災に関する情報などにアンテナをたて
一人一人が自分のこととして、心を強くもち、考え、準備していけるといいかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




スポンサーサイト
  1. 2017/09/17(日) 20:54:03|
  2. 平成29年度の活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9/9 イムス記念病院 医療公開講座 の情報共有





 
~イムス記念病院 医療公開講座の情報共有~

日時 2017/9/9(土)14:00~

講師: 【前半】坪井 靖秀(薬剤師)
     【後半】森田 慶紀 医師(小児科) 小児科専門医・アレルギー専門医

場所: イムス記念病院 小児科待合室 

テーマ: 『お子さんのお薬の飲ませ方』 
     『食物アレルギー 普段の生活で迷う点』

お申込み: 地域医療連携室☎03-3932-9187(直通)

前回の7月に開催された、
『食物アレルギーかもといわれたとき』
の講座は、どんな人にも分かりやすく、
またリラックスした雰囲気の中で、行われました。


さて、
おこさんにアレルギーがあり、集団生活が漠然と不安だという方、
また、おこさんのアレルギーについて、家族がなかなか分かってくれない・・・
という方、
この講座に参加してはいかがでしょうか。

丁寧に話をしてくださる森田先生が待っていますよ~。

お勧めです。


イムス記念病院のホームページはコチラ   ★チラシPDF







  1. 2017/08/20(日) 16:24:22|
  2. 平成29年度の活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

非常食こんなの準備しましたよ~!!第3回 目指せ!子ども非常食リーダー講座



追加情報!  今回の非常食を公開します

いたばしアレルギーの会 防災学習会 
防災対策 基本の「き」 
~ 今から準備しよう!つながろう! ~
第3回 目指せ!子ども非常食リーダー講座

開催日時: 平成29年7月31日(月)10:30~14:00頃を予定

参加お申し込み:7月4日~7月21日(金)22時締め切り


楽しく食べちゃうぞ!
今回は、子ども達と、食べ比べをしちゃいますよ。

どれが人気になるかな~楽しみ楽しみ。



前回大人気だったのは、
尾西食品さんのわかめごはん
ジェイ・インターナショナルの鹿肉の和風肉じゃが
でした~。

さぁ、今回はどの非常食(備蓄)が美味しいかしら?
楽しみ楽しみ。

share_temporary (5)
今回は、イザメシのわかめごはん!


IMG_20170715_184653.jpg
五目御飯の食べ比べ~


IMG_20170715_184530.jpg
おうちにありそうな、あれこれ
さんま缶詰も何気に人気でしたね~


IMG_20170715_184415.jpg
ウィンナーは美味しいの?
マグロの缶詰は食べたことある?
鶏肉の缶詰、たくさんあるけど、どれが好き?
牛肉のレトルトは災害時に食べやすいかな?
牛肉の焼肉缶詰なんていうのもあるね!!
みんなで、とりわけして食べ比べしちゃおう!!

Fotor_15001153352221.jpg

インスタントのお味噌汁って、美味しいのかな?
食べてみようか!


写真以外にも、いくつか増える予定です。
どの缶詰を食べるのかは、当日の参加者次第でかわります。


詳しい内容・お申し込みは↓

第3回 目指せ!子ども非常食リーダー講座のご案内


  1. 2017/07/15(土) 21:47:37|
  2. 平成29年度の活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イムス記念病院 医療公開講座 に参加しました。

イムス記念病院 医療公開講座

食物アレルギーかも と言われた時
~知っておきたい食物アレルギーの基礎知識~

平成29年 7月8日(土)14:00~

講師:森田 慶紀先生

小児科専門医・アレルギー専門医


20170708ポスター

*講座は終了しています。申し込み先を編集して画像をアップロードしております。


千葉市立海浜病院にいらした森田慶紀先生が、イムス記念病院小児科に。
千葉では患者さんからはもちろん、千葉アレルギーネットワークさんでも講師としてご活躍され、
地域から大変信頼されていたそうです。

ですから、私どもも公開医療講座でお会いできるのをを楽しみにしていました。

縁は、縁を繋ぐもので・・・・
アレルギーEXPO2016に参加した際に出会った、同じアレルギーっ子ママさんにも会場でお会いできました。
嬉しい♡


さて、森田先生はとても穏やかな先生でしたよ~。

食物アレルギーに関わる基礎的な部分を、
難しい言葉は使わずに、日常的な言葉に置き換え、
とても具体的に、的を絞って、お話しする講演でした。

お父さん、お母さんになったばかりの方も、
おじいちゃん、おばあちゃんも、
保育園の先生をはじめ、教育関係者の方にも、
とてもわかりやすいのではないでしょうか。

これは、ぜひ地域のもっと多くの方に参加していただきたい。
近隣保育園などにもチラシの広報があるといいなぁ~。


講座の中でもお話がありましたが、
次回は9月を予定されているそうです。
イムス記念病院のホームページでの公開がまだありませんので、
今は日時の記載を控えますね。


次回の9月、ぜひぜひご参加いただき、
分かりやすい言葉での食物アレルギーの基礎知識をお勉強してみてくださいね。

保育園の先生と保護者の方がペアで参加し、共通認識を持つことはとても大切ですよ。


森田先生に、お子さんのアレルギーのこと、ぜひご相談してみてくださいね。

森田先生の受診を希望される方は、
事前にご確認を→ イムス記念病院


イムス記念病院

20170708イムス記念病院


上板橋駅北口から徒歩2分。
都営三田線板橋本町駅で下車し、国際興業バス上板橋駅行き 終点上板橋駅北口まで20分強
北口には、イトーヨーカドー、板橋教育科学館もありますよ。

常盤台は、アレルギー専門医が二人もいらっしゃる、心強い地域になりました~。



食べて治す、食物経口免疫療法は、アレルギー専門医の元で。
「食べて治すなら、ちょっとずつ食べさせてみて」という指導ではなく、
何を、どんな形状で、どのくらいの量で、**日ごとに
ときちんと、お子さん一人一人の症状を理解し、治療プランを説明することができるのも
最新の知識と、多くの症例を見てきたアレルギー専門医だからこそです。

  1. 2017/07/08(土) 19:33:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第3回 目指せ!子ども非常食リーダー講座のご案内

いたばしアレルギーの会は発足当初から災害を学び防災を考える取り組みを行っております。
平成29年度も、子どもたちに向けた防災学習会を行います。



いたばしアレルギーの会 防災学習会 
防災対策 基本の「き」 
~ 今から準備しよう!つながろう! ~
第3回 目指せ!子ども非常食リーダー講座


h280428-1_20170703200503374.jpg
H28年第一回子ども非常食リーダー講座様子


開催日時: 平成29年7月31日(月)10:30~14:00頃を予定

参加お申し込み:7月4日~7月21日(金)22時締め切り

定 員: 残席10名程度

会 場: 十条駅から徒歩7分の公共施設 
*会場への問い合わせを防ぐため、当会へ問い合わせのあった方のみにお知らせいたします。

参加対象者: 当会の会員親子、
もしくは講座やイベントに参加したことのあるアレルギー疾患をもつ子どもとその家族、
会員からの紹介を受けた子どもとその家族。


7月12日22時より、会員外の方のお申込みも受付スタート!!

参加費用: 試食や防災用品、保険料の実費、として、1家族1000円
        
(親子2~3名様分の材料を想定: アルファー米1袋 缶詰やレトルト食品/ ヒートパックの体験など)

○認定こども非常食リーダーのお子さんは子どもだけでの参加も可能です。
 参加費用:試食代金として1人500円 
 (*当日の送迎、受付手続きは安全確保のため、保護者が行ってください)

持ち物: 飲料水・非常食を頂くためのお弁当箱やスプーンや箸、必要な薬など

夏休みの自由研究課題にされる方はデジカメなどをご持参ください。(*写真撮影については約束事あり)



内 容: 

①この講座に持参する持ち物を自分で考えて準備しよう。
②自分に必要な防災対策を考えてみよう。
③目の前にある非常食は食べられる?原材料を確認してみよう。
④実際に作って試食をしてみよう。
⑤参加して感じたことをみんなで話してみよう。
⑥子ども非常食リーダー認定試験に挑戦してみよう。


「子ども非常食リーダー」とは当会オリジナルの認定であり、

①学んだことに自信を持ってもらうこと
②自分の周りの人に非常食について学んだことを発信してもらうこと
③子ども達が自ら防災の基礎知識を学ぼうとする意欲を育て自助共助力の広がりを目指すこと
を目的としています。


また、非常食リーダー認定を受けた子ども達は、次回の講座ではスタッフとして参加し、
子どもなりの知識の向上(自助力の向上)はもちろん、
子ども達が自分の出来ないことを手伝ってもらったり(受援力の向上)、
自分の得意なことを通して仲間とともに協力すること(共助力の向上)、
もしもの時も、年齢に応じた判断力で、自ら考え、
たくましく行動する力(生きる力)を育む、
継続する講座にしていきたいと考えている。

公的な認定ではなく
子ども達の自発的な学びを応援するためのものであることを
ご理解ください。


昨年度の様子 → 第2回目指せ!子ども非常食リーダー




2808子ども非常食リーダー講座2
H28年度2回目の非常食


協力者: 
イオンスタイル前野町 黄色いレシートキャンペーンご協力者のみなさま
いたばしアレルギーの会認定 こども非常食リーダー
       
オブザーバー: いたばし災害ボランティアメンバー

いつも応援してくださる皆様、ありがとうございます!


お申込みは ↓こちらから ↓

[第3回 目指せ!子ども非常食リーダー講座のご案内]の続きを読む
  1. 2017/07/03(月) 20:30:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ