いたばしアレルギーの会   旧小児アレルギーの会げんきっ子クラブ       

東京都 板橋区 アレルギー疾患のある方 協力者の 学びの会です。 現在いたばし総合ボランティアセンターを拠点に活動中

ご報告 8月1日(月) いたばしアレルギーの会   防災対策 基本の「き」 ~ 今から準備しよう!つながろう! ~ 第2回 目指せ!子ども非常食リーダー



8月1日非常食リーダー講座

ご報告 8月1日(月) いたばしアレルギーの会  
防災対策 基本の「き」 ~ 今から準備しよう!つながろう! ~
第2回 目指せ!子ども非常食リーダー


開催日時 平成28年8月1日(日)11時~14時
会場 いたばし総合ボランティアセンター
参加者 子ども9名(新規参加者5名 前回参加者の子ども非常食リーダー4名) 


板橋区 ボランティア・NPO活動公募事業補助金を受けこの講座を開催いたしました。
ありがとうございました。

内容: 
防災に関するクイズ
自分に必要な防災対策を考えてみよう。
あの非常食は食べられる?原材料を確認してみよう。
実際に作って試食をしてみよう。
原材料を伝えながら友達におすそ分けをしてみよう。


「子ども非常食リーダー」とは当会オリジナルの認定であり、
①学んだことに自信を持ってもらうこと
②自分の周りの人に非常食について学んだことを発信してもらうこと
③子ども達が自ら防災の基礎知識を学ぼうとする意欲を育て自助共助力の広がりを目指すこと
を目的としている。

また、非常食リーダー認定を受けた子ども達は、次回の講座ではスタッフとして参加し、子どもなりの知識の向上(自助力の向上)はもちろん、子ども達が自分の得意なことを通して仲間とともに協力すること(共助力の向上)、たくましく成長する試み、としたいと考えている。

公的な認定ではなく子ども達の学びを応援するためのものであることをご理解ください。



81非常食


ご報告

新規参加の定員を5名に設定。
子ども達との約束通り、第一回目に参加し子ども非常食リーダー認定を受けた子ども達4名に進行を手伝ってもらいました。


今回の学習会でも原材料を自分で確認し、非常食の中から食べられる、アルファー米と缶詰を選ぶ経験をしてもらいましたよ。

  
参加者一人一人の考えを引き出し、子ども達なりの考えを共有しながら講座が進行しますので、予定している内容になるのかは参加者の子ども達次第・・・。
運営側もワクワクの進行です。
 
参加者の子ども達は、予想通り(?)食いしん坊さんだったので、アルファー米の非常食を作るために説明書をよく読んだり、発熱剤を使い温かい食べ物を作る経験をしたり、缶詰を開ける経験につなぐことができました。

どれも、苦戦する姿がありましたが、子ども同士が声を掛け合い最後まで取り組もうとする姿が見られるのが、この講座で出会う子ども達の仲間意識の素敵なところ。


 今回は初の取り組みとして、調理後、避難所での炊き出しをイメージし、食べ物を渡す相手が食物アレルギーを持っているか、確認すること、食べ物をもらう際には自分のアレルギーを伝えることを経験してもらいたいと考え、小さなアルミカップをテーブルに置き、参加者の自発的な行動を待っていました。

参加二回目になるこども非常食リーダー4名が率先して、「これ、美味しいから食べてほしい」と声があり、おすそ分けをする相手に「食べられますか?」「原材料はこれです」と確認し、「私は乳成分のアレルギーがあるのでこれは食べられません」と声がけをする姿がみられました。

新規参加の子ども達にもすぐに伝わり、参加者の子ども達がアレルギーを確認し、無事おすそ分けの経験も行えました。

前回の講座を受講した子ども達に「こども非常食リーダー」の目的でもある自発的に行動を起こす姿を見ることができたことをとても嬉しく思いました。


今回は、保存期間が3年以上ある非常食の缶詰と、市販されている缶詰の、味と値段を比べてみましたよ。

特定27品目を使用していない、鹿肉を使った肉じゃがの缶詰800円
小麦・大豆が使用されている、豚バラと大根の煮物の缶詰、128円

どちらが美味しいか、どちらがお買い得なのか、どちらが安心なのか、この三点について子ども達の率直な声が。

小麦と大豆が安全に食べられる子ども達には、「豚バラと大根の煮物」の缶詰が大人気。
また、サンマの缶詰なども、好評。

小麦・大豆を食べることができないアレルギーをもつ子どもとその親には、特定27品目を使用していない鹿肉を使った肉じゃがの缶詰が好評でしたよ。

アレルギー症状を発症する人が多いとされている特定原材料27品目を除去した非常食備蓄を開始した茨城県竜ケ崎市についての話も参加者の保護者から質問がありました。

当事者はもちろん、おなじ地域の人に食物アレルギーに関する理解が無ければ、27品目を除去した非常食を備蓄しても、27品目に含まれない米やアーモンドなどにアレルギーがある人達への配慮にはいきつきません。
アレルギーを持つ人の非常食の選択肢が減ってしまう可能性があります。

公助の非常食に全てを頼るのではなく、自助の強化と、同じ課題を持つ仲間の共助の大切さを重ねて話をさせていただきました。



2回目の参加者(子ども非常食リーダー認定を受けた子ども)達が活躍する姿に憧れた、新規参加者の子ども達が、「次は僕もスタッフになりたいから絶対またやりたい!」と感想を発表してくれたことで、他の子ども達も感化され「いつやる?」と子どもたちなりに防災講座を企画を立てようとする様子がありました。

子ども達からの声を元に、こども非常食リーダー講座を作り上げていきながら、今後もアレルギーを持つ人が自ら行動を起こすきっかけ作りになるよう、防災学習の機会を作っていきたいと考えています。

こども非常食リーダー講座は、子ども達一人一人の自発的な行動を応援する取り組みでもあります。
知識を持つ大人が、「教える」防災講座ではありません。

進行の中で子ども達が気が付いたことを、参加者みんなで共有して一緒に考え、子どもたち同士が講座の中でコミュニケーションを行う、1つ1つの工程を大切にしています。

今後も、こども非常食リーダー講座を継続していきます。
お申し込みはどうぞお早めに。

有料となりますが、出張講座のお申し込みもお受けいたしますのでお声がけください。

この講座のファシリティターは、スペシャリストの会員が対応いたします。
お問い合わせは下記のメールアドレスからお気軽にどうぞ。

itabashiallergy@yahoo.co.jp




スポンサーサイト
  1. 2016/08/24(水) 14:02:49|
  2. 平成28年度の活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紙芝居「食物アレルギーの子を守るために こうちゃん星人★あらわる」 板橋区内の公立小学校へ・・・




こうちゃん星人

紙芝居「食物アレルギーの子を守るために こうちゃん星人★あらわる」
この作品を平成27年度、板橋区の9校の公立小学校へ寄贈させていただきました。

愛知県ウサギクラブ子育て支援サークル企画制作のこの紙芝居は、従来のアレルギー啓蒙を目的に製作された紙芝居と違い、紙芝居の最後にアレルギーを持つ子ども達とともに育つ沢山の友達へ感謝の言葉が描かれている場面があります。
この紙芝居の友達への感謝の言葉の場面は、当会の考える共助の考えに近いこともあり、当会の子どもイベントなどでも積極的に演じさせていただいております。

いたばしアレルギーの会では、おしゃべり会などで、命にかかわることもあるアレルギーを相手に伝わる言葉で完結に伝える事と(自助)、アレルギーについて考えてくれる仲間がいた際には気にかけてくれたことに感謝し、支えてくれる仲間を少しづつ広げていく(共助)ことの大切さをお話しています。

ウサギクラブ子育て支援サークル様のご協力を頂き、昨年度、板橋区の小学校の一部に寄贈できる事になり、本当に感謝しております。
また、この紙芝居を寄贈するためにご理解・ご尽力くださった学校関係者の皆様に心から感謝いたします。

地域で育つ子ども達と、アレルギーを持つ子ども達を繋げる、この紙芝居「食物アレルギーの子を守るために こうちゃん星人★あらわる」は、あなたのお子様の学校にも置かれているかもしれません。
読み聞かせを通し、地域で一緒に育つ子ども達との交流はもちろん、アレルギーを持つ子どもの親がさらなる学校と信頼関係を築くきっかけ作りとなればと願っております。



ウサギクラブ子育て支援サークルさんの情報はこちらから
  HP  FB 
  1. 2016/08/14(日) 20:04:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回 目指せ!子ども非常食リーダー 開催のお知らせです。



いたばしアレルギーの会は発足当初から災害を学び防災を考える取り組みを行っております。
今年はこども達に向けた防災学習会を継続しております。


平成28年8月1日(月) いたばしアレルギーの会 防災学習会 
防災対策 基本の「き」 ~ 今から準備しよう!つながろう! ~
第二回 目指せ!子ども非常食リーダー

第一回の様子は こちら から 

開催日時: 平成28年8月1日(月)11時~14時
会場: いたばし総合ボランティアセンター 第1ルーム

参加対象者: 食物アレルギー・アトピー・喘息などの疾患をもつ子どもとその家族・関心を持つ子どもとその家族。
(1年以内に当会が主催した講座に参加されたお子様は、本講座へのお子様だけの参加が可能です)



参加費用:試食や防災用品、保険料金として、1家族600円 
(親子2名様分の材料を想定: アルファー米1袋 缶詰 その他:ヒートパックの体験は2グループで1セットを予定)

こども非常食リーダーは試食代金として1人300円

持ち物:飲料水・非常食を頂くためのお弁当箱やスプーンや箸

夏休みの自由研究課題にされる方はデジカメなどをご持参ください。(*約束事あり)

内容:
①この講座に持参する持ち物を自分で考えて準備しよう。
②自分に必要な防災対策を考えてみよう。
③目の前にある非常食は食べられる?原材料を確認してみよう。
④実際に作って試食をしてみよう。
⑤参加して感じたことをみんなで話してみよう。


お願い:
1、子ども達が自分で考え、仲間と協力し非常食を作る経験から得られる学びを大切にしたいと思います。そのため一部の内容をのぞき、保護者の方は、子ども達の頑張りを温かく見守ってくださるようお願いいたします。
2、参加されるお子様の気づきにより、講座の内容が一部変わります。
3、お子様が自分で【食べられる食品】を探し出す経験をしてもらいます。アレルギーに配慮した非常食だけではなく、一般的な商品も並べます。お子様のアレルゲンが含まれる商品を食べる参加者がいるかもしれません。
4、缶詰を開ける・熱湯をアルファ米の容器にそそぐ、熱気を伴うヒートパックを扱います。参加者の皆様それぞれで、安全を確保し参加してください。
5、参加者みんなで作る学習会です。元気いっぱいで参加してくださいね。

ネット優先参加お申し込み:締め切り 7月20日(水)

それ以降のお申し込みは抽選対応になります。7月25日締め切り。

下記のフォーマットをご記入し参加申し込みをしてください。
抽選のうえ、参加確定されましたら当会からの「参加のご案内」をお送りいたします。

申し込みアドレス: itabashiallergy@yahoo.co.jp

参加お申し込みフォーマット
①参加者の全員のお名前と学年:
②保護者の方のメールアドレスと携帯電話番号:
③除去が必要な食品:


安全の為に、参加確定された方には下記の情報提供をおねがいします。
アナフィラキシーの有無:
エピペンの処方の有無:
かかりつけの病院:
こども非常食リーダー認定証に記載するお名前:



協力者:
子どもスタッフ いたばしアレルギーの会認定 こども非常食リーダー
オブザーバー いたばし災害ボランティアメンバー

助成団体: 
板橋区(ボランティア・NPO活動公募事業)
イオンスタイル前野町 黄色いレシートキャンペーンでの助成金

いつも応援してくださる皆様、ありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございました。







  1. 2016/07/13(水) 19:49:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご報告 第3回 いたばし結まつりに参加いたしました。



いたばし結まつりに参加しました。

大盛況だった、平成28年、第三回 いたばし結まつり。

いたばし結まつりについての公式情報は、いたばし総合ボランティアセンター公式フェイスブックページをご確認ください♪



いたばしアレルギーの会、マンダラヨガの会様、蓮根庵様とともに、企画運営した、いたばし結まつり初の「子育てママコーナー」の試みも大変好評で、開催から1時間半でコーナの来場者が120名を越えました。

また、いたばしアレルギーの会の、クラフト担当のママブースではセンスの良い温もりある手作り品の販売とワークショップの開催、食育部では食物アレルギーに配慮した焼き菓子の開発と販売を行いました。

焼き菓子は、大変好評で完売いたしました。
アレルギーを持つ人も、アレルギーを持たない人も「みんなが美味しい焼き菓子」のレシピをまとめてくださっています。
ぜひこちらも覗いてみてください。
シンプル米粉クッキー 
スノーボール 

0002 (1)


また、いたばしアレルギーの会の仲間として参加してくれた団体もありました。
~花樹~(ベーゴマ・手作り品)・歯科衛生士ママ(歯磨き教室)・キッチンの科学プロジェクト(米粉ホットケーキでの実験)・クラフトアーティストAさん(UVレジン)・キットパスアート(障碍者施設にて製作されたパステルを使用した手形クラフト)

前日準備での使用するお部屋の飾りつけなどもご協力いただきました!

0001 (1)

おかげさまで、団体いいね!賞 第3位となりました。
ありがとうございます。


また、イオンスタイル前野町店での黄色いレシートキャンペーンにて贈呈されました助成金を一部使用し材料費に充てんいたしました。
イオンスタイル前野町店を利用しているという来場者の方にお声がけいただけたこととても嬉しく思います。
イオン黄色いレシートキャンペーンは、毎月11日におこなわれている、イオンのCSR活動です。
購入時に黄色いレシートが発行されますので、そのレシートを、イオンスタイル前野町店に登録している地域で活動しているボランティア団体の投函ポストにいれますと、購入金額の1%がイオンから団体に助成されるものです。
イオンスタイル前野町店では、当会とも面識のある団体が参加しており、どの団体も大変素晴らしい活動をされております。
ぜひ、当会同様に応援をよろしくお願いいたします。

イオン「幸せの黄色いレシートキャンペーン」
4月 助成金贈呈式に参加いたしました。
イオン417



立ち話おしゃべり会も随時開催しました。
豊島区からいらしたアレルギーを持つお子様のご家族や、区外に転居が決まっており転居先のアレルギーに関する様々な情報を集めているご家族、乳幼児のアレルギーっ子ママさんとお話しする機会もありました。


沢山の方に準備期間から応援していただき、地域の方に『いたばしアレルギーの会』の活動を知っていただく機会と、思いを発信する機会の両方を、楽しい・美味しい・可愛い!という共感のもとで共有できたのではと考えています。

アレルギーを持つ人たちは、日ごろから地域の人と繋がことが大切だと考えております。
自分の課題を発信するだけではなく、相手に伝わる言葉と行動で発信し続け人の繋がりを大切にしていくことが、災害時にも必ず役に立つと考えます。
課題を持っているからこそ、一歩踏み出し、他者と繋がる事の大切さを伝えながら、今後とも丁寧な活動を継続していきたいと思います。



  1. 2016/06/25(土) 20:51:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今泉マユ子さんのブログに掲載されました♪ 「いたばしアレルギーの会」災害への取り組み



今泉マユ子さんのブログにて、当会の活動が紹介されました!!
 
「平成28年4月24日(日)11時~14時 第一回 目指せ!こども非常食リーダー」

ご紹介頂いた、今泉マユ子さんのブログはこちら  食育大好き!まゆまゆのブログ

今泉マユ子さんは、管理栄養士・防災食アドバイザーとして長く活動されている女性です。
同じ女性のファンも多い素敵な方。
いたばしアレルギーの会の活動に共感くださり、このように取り上げてくださった事、本当にうれしく思います。


子ども達には実践的な災害対応の視点を学ぶ機会はそう多くありません。
避難訓練や地域の防災訓練だけでは身につかない、大事なことも多くあります。

今泉さんをはじめ、防災学習に力を入れている人たちが、それぞれの視点で減災対策の大切さと防災対策の実践的な内容を発信しています。
ぜひ、みなさんも1度参加してみてください。

今から「もしも」を考えること。
3日後の未来が変わるかもしれません。


夏休み中に開催予定の「第2回 目指せ!こども非常食リーダー」養成講座
現在日程調整中です。

お会いできるのを楽しみにしております。





[今泉マユ子さんのブログに掲載されました♪ 「いたばしアレルギーの会」災害への取り組み]の続きを読む
  1. 2016/06/12(日) 16:20:18|
  2. 平成28年度の活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ